img

貸し事務所を検索する場合に有効な検索の仕方をご紹介しましょう

貸し事務所を検索する場合に有効な検索の仕方をご紹介しましょう。ご希望の場所、家賃、坪単価、坪数、構造など多様な条件から検索できるのが近頃の探し方です。まず、自分たちが何を差し置いても重要視する条件で検索をしてみて下さい。この時のコツとして、条件の設定をやや広げて探すと、予想以上の掘り出し物件が見つかることがあります。具体的には、賃借料の上限を少し高めに検索をするやり方があります。そこから段階的に条件設定を追加していけば希望の物件を探し当てられるでしょう。

事務所選びをする時には交通の利便性を調査することは最も重要な項目です。なぜならば、長期間に渡り事業を行うにあたって交通の利便性が良い立地であれば、クライアントにも、そこで働く社員の立場からも良い立地だからです。来客者の立場では勿論のこと、スタッフとしても通勤時間が多いとそれに比例して無駄な拘束時間が増えることになりますし、好アクセスの勤務先である場合実力のあるスタッフも集まりやすいと考えられます。これを念頭において、事務所家賃の金額も考えて事務所を探しましょう。

事務所を選ぶなら、とにかく築浅の賃貸物件にすべきでしょう。築浅の事務所は、耐震基準や防犯設備の面で高性能のファシリティが採用されていますし、共有スペースの設備も高機能でとても便利です。作業者にとって業務がしやすいことは当たり前ですが、来客者にも利用しやすく先進的な印象を与えることが可能です。物件の印象というのは少なからず企業イメージに影響を及ぼしてしまうと考えられています。家賃はやはり少し高くなりがちですが、成長途上の会社が借りていることが散見されるため、活力に溢れた職場になりそうですね。

img事務所を選ぶときに天井の高さを失念しがちです。天井が低いビルでは、想像以上に威圧感が大きく、狭苦しさや混雑した感じがどうしても生じます。一般に言われる通り、事務所の天井の高さは最低でも2.6mは確保するべきで、2.7mを超えると開放的な空気が得られます。不動産の検索画面では天井のメーター数を条件にして事務所のサーチが可能ですから、利用してみましょう。ちなみに、古い建物には天井の低い事務所が多く見受けられるので、注意が必要です。なるべく高い天井で快適な空気の環境にしておきましょう。