img

貸し事務所を検索する時

貸し事務所を検索する時、こだわり条件で検索してみてはどうでしょう。最近ビジネスが多様になり、賃貸事務所も多様な物件が目白押しです。イメージを全面に押し出したいビジネスを対象にデザイナーズもの、耐火構造物件、ロハス調物件、高層事務所が人気ですし、ユニバーサルデザインが導入された物件などとても多くの物件から検索が増えています。建物のコンセプトが事業コンセプトに合っていなければどこか辻褄が合わないような第一印象を与えますから、あなたの企業イメージを自ら事務所で伝えることが大切です。

事務所に入居している会社が更新時期を初めてする時のポイントを整理してみましょう。同じビルに引き続き入居をしたいなら、前もって契約が自動更新か、契約更新の申請が必須なのか聞いておきましょう。更新時には多くの場合、月々の家賃とは別に更新料や契約事務手数料が発生します。大家によるのですが、およそ2ヶ月分の家賃の額であるのが一般的です。さらに、契約更新では次回の更新までの間の家賃の額の改定が認められているため、家賃が変わっていないか注意しておいて下さい。

事務所を選ぶ時一番重視すべきは立地がどこかという点と思ってよいでしょう。新規に事業運営をする際、なによりもユーザーを集めるというのが最重要課題になります。このため、なるべく沢山の人の印象に残り、交通のアクセスが良い立地であれば、新しいクライアントをスムーズに引き込めると言えます。それに、事務所の所在地の名前によって、あなたの会社の持つ印象も左右されるのです。つまり、HP経由で顧客獲得したいケースに効果を発揮するでしょう。負担の少ない賃借料でなるべく好条件の立地の事務所を借りましょう。

img事務所を移転する場合の諸経費の内容を考えてみませんか?どの事務所に移転する時でも、ほぼ100%掛かるコストと必ずしも掛かるわけではないコストがあることを知っていますか?絶対に掛かる費用とは、敷金や礼金、不動産業者への仲介料など、契約をしたら賃料のおよそ数カ月分をまずは支払う必要があります。次に、必ずしも発生しないコストとしては、改装工事や回線など、ファシリティに関する諸経費があります。設備面については、費用を割り振って大幅に手を加えていくのか、元々の構造をアレンジしてコストカットを目指すのかはあなた次第となります。