img

貸し事務所を耐震構造で選ぶなら

貸し事務所を耐震構造で選ぶなら、賃料が格安で広さが十分な物件を見つけたいですね。近頃は可能な限り費用削減したい経営陣が増加の一途をたどっていますから、家賃や共益費が抑えられた格安物件に多くの人の注目が集中しています。そのため、仲介業者においても格安物件に集中して積極的に物件紹介を行っています。沢山あるローコスト物件から一つに絞る時の注意点としては、共益費などが含まれているのか、その他に生じる諸経費が無いか洗い出すことです。さらに、大きな瑕疵がないか確認しておきましょう。

事務所のメリットの一つは、内装を好きなように変えられるという点です。内装の費用は必要ですが、企業イメージやスタッフの業務形態に応じて、レイアウトを設計することができるのです。コストを掛けたくない場合、居抜き物件でうまく使えそうな内装の事務所があれば、工事をせずに事務所として利用できるのです。このケースだと高い内装工事がいらないので、大幅な費用カットになります。また、家賃は若干割高ですが、短期間の使用ならレンタルスペースを利用するというやり方も便利です。

事務所の引越をするにあたり、気をつけることをおさらいしてみましょう。事業所の移転で一番注意するべきなのはスケジュール調整ですね。事務所の引越にはやるべきことが沢山あります。今の物件の解約からレイアウトの工事手配、内装の変更、電話回線の手配、リース用品の手配、取引先への連絡、社内での引っ越し準備、住所変更手続き、移設業者との連絡など数に暇がありません。何か一つでもオンスケジュールでうまくいかないとその他の予定に差し支えが生じるため、余裕を持って引越を計画しましょう。

img事務所に入る時の始めの費用には何があるでしょうか。礼金や敷金、管理費や仲介料などは通常の住居用の賃貸物件と変わりません。事務所に特有の初期費用としては同じビルの他の入居者ビルのオーナーに損害を与えた場合に保障する賠償保険や賃料延滞に関する賃貸保証に関する費用があります。そして、会社名の看板など、エクステリアを工事するというケースではその工事費もかかります。物件の所有者によっては工事の発注先が決まっていることがある為確認しておきましょう。